切れ痔

切れ痔(裂肛)とは

切れ痔(裂肛)とは肛門の出口周辺の皮膚が、便秘で硬くなってしまった太い便や、勢いの激しい下痢便の圧力などで裂けたり、切れてしまったりした状態が切れ痔で、医学的には裂肛といいます。
肛門の歯状線より外が傷つくため、痛みは激しいのですが、それほど出血はありません。しかし、痛みによって便意を我慢する癖がついて、さらに便秘がひどくなり、また便によって傷つくといった悪循環で慢性化してしまうと、肛門周辺でうっ血が起こり潰瘍や肛門の狭窄が起こります。

切れ痔(裂肛)の主な症状

急性期のうちは、排便時に切れ、強い痛みがありますが、短時間で治まることがほとんどです。時にまったく痛みを感じない人もいます。また、出血はありますが量はあまり多くありません。しかし、だんだん悪化してくると、なかなか痛みが去らず、数時間も続くこともあります。同じ部分が何度も切れると、だんだん傷口は深くなり、肛門ポリープや肛門潰瘍、また小さないぼ(見張りいぼ)ができることもあります。そうなってくると、やがて傷口が瘢痕化して、だんだん肛門が狭くなり、さらに便が出にくくなって悪循環が進みます。大きく裂けた場合、肛門括約筋が一緒に裂けてしまうこともあります。筋肉が傷つくと痙攣によって長時間痛みが続きます。まずは排便習慣を整え、便秘や下痢を起こさないようにすることが大切です。

切れ痔の治療

それほど深刻な症状ではない急性期と肛門周辺に様々な障害が起こる慢性期では治療の方法は異なってきます。

急性期

急性期のうちは、保存療法を中心に治療を行います。治療期間は比較的短時間で済むことが多くなってきます。
治療としては、軟膏、坐薬を使用する薬物療法に加え、排便習慣を改善する生活指導、便が硬すぎる傾向にある人には便を柔らかくする薬などを使用します。痔そのものの治療も大切ですが、便秘の治療もしておかなければ再発を繰り返すことになります。

慢性期

繰り返し同じところが切れると、傷は深く、治りにくい状態になってしまいます。さらにその部分が潰瘍になったり、瘢痕になったり、繊維化したりします。そうなると肛門が狭くなって、さらに便は出にくくなります。また、肛門の内側(直腸)にポリープができたり、外側に小さないぼ(見張りいぼ)ができたりすることもあります。肛門が狭窄すると便が出なくなってしまうこともありますので、保存療法ではあまり効果が望めない段階になると、手術を検討することになります。この段階でも排便習慣の改善は大切です。

当院で可能な手術

用手肛門拡張術

肛門括約筋がダメージを受けて痙攣を起こすと、激しい痛みが続きます。麻酔をした上で、医師が肛門を指で拡げ、括約筋の緊張をゆるめて痙攣を鎮めます。日帰り手術で入院の必要はありません。

裂肛切除術、肛門ポリープ切除

切れている部分を切除して、形を整える手術で、繰り返し同じところが切れて、傷口が深くなってしまった場合に適用します。ポリープやいぼができている場合、同時に切除します。この手術も日帰り手術で対応可能で入院の必要はありません。

皮膚弁移動術(SSG)

傷によって硬くなった肛門の皮膚部分を切除し、周辺の健康な皮膚をその部分に移動させる方法で、傷口が瘢痕化したり繊維化して硬くなったりして肛門が狭くなっている場合に適用する方法です。日帰り手術で対応可能で、入院の必要はありません。

切れ痔の費用

保険適応です。

治療方法 3割負担 1割負担
肛門ポリープ切除術 約6,000円 約2,000円
裂肛根治手術 約20,000~30,000円 約7,000円~10,000円
肛門形成手術 約30,000円 約10,000円

消化器内科/内科/内視鏡内科/肛門外科/婦人科

〒191-0062
東京都日野市多摩平2-3-1 HAKUEI.BLD.TOYODA302

電話番号:042-583-0415

消化器内科・内視鏡内科・肛門外科

9:00~12:30
15:00~18:00

…レディースデー

婦人科

9:00~12:30
15:00~18:00
DR.BRIDGE|クリニックホームページ作成

DR.BRIDGE|クリニックホームページ作成
TOPへ