血便・便潜血陽性

便潜血検査について

便潜血検査は便の中に見えない出血が隠されていないかを調べる検査です。ご自身でサンプルを採集したキットを検査当日に持参して、ヘモグロビンに対する抗体を使って微量な出血の有無を調べます。大腸がんの有無を調べるために行う検査で、陽性の場合、精密検査として大腸カメラをお勧めさせていただいております。これは、陽性になった方のうち3~4割に大腸ポリープが見つかり、100人に3~4人程度には大腸がんが見つかるというデータに基づいております。当院では、大腸がんを防ぐためにも、前がん病変である大腸ポリープを内視鏡検査で発見した場合、基本的にその場で切除させていただいております。ただし、大腸がんや大腸ポリープも、初期状態では出血を伴わないことが多く、便潜血が陰性であったとしても、ポリープやがんが存在しない証明にはなりません。そのため、便潜血検査だけでなく、定期的に大腸カメラを受けることが大切です。

大腸カメラ

便潜血検査で陽性を指摘されたら

便潜血検査の陽性は、食道から肛門までの消化管のどこかで少量の出血が起きていることを示しています。そのうちの多くは前がん病変である大腸ポリープであり、大腸カメラを早期に受けることで同時にポリープ切除も行え、将来の大腸がん発症予防へつなげることができるものになります。
大腸がんの早期発見・早期治療の第一歩としても、便潜血検査が陽性になったら、お早めに大腸カメラも実施できる当院までご相談ください。

便潜血検査陰性の方へ

便潜血が陽性になる場合の多くは、硬い便が擦れてポリープやがんに刺激を与え出血することとなっています。そのため、まだ水分があまり吸収されていない柔らかい便が通過する場所であったり、病変が扁平であったりする場合は大腸ポリープや大腸がんがあったとしても、出血が見られない(便潜血検査において陰性)ことがあります。近年の調査で、大腸ポリープがある人でも大半が、初期大腸がんのある人でも半数が、さらに進行大腸がんがある人でも1割が便潜血検査で陰性を示すという結果が報告されています。そのため、健康診断で便潜血検査が陰性であったとしても目安としてとらえ、定期的に大腸カメラによる内視鏡検査を受診することをお勧めしています。

大腸がんとは

日本では、男女ともに大腸がんの罹患者数は上位を占めていますが、医療技術の発達により、早期に発見できれば完治できる疾患となってきました。
しかし、大腸がんは初期にて自覚症状に乏しいため、何か症状がでて気づいたときには、進行して、入院を伴う治療が必要にることが多い疾患でもあります。
なお、大腸がんは前がん病変である大腸ポリープのうちの腺腫から発症することが多くなっています。腺腫のすべてががん化するわけではありませんが、ポリープのうちに早めに切除してしまうことで、将来のがん化を予防することができます。
現在のところ、初期の大腸がんやポリープを見つけることができるのは、大腸カメラだけです。がん発症のリスクが高くなってくる40歳を過ぎたら、定期的に大腸カメラ検査を受けるようにしましょう。

便潜血検査陽性の場合は、早めに大腸カメラを受けましょう

便潜血が陽性になった場合、消化管のどこかで目に見えない程度の出血が起きているということです。その原因を確かめ特定するためには、さらに詳しい検査が必須です。便潜血は主に大腸のどこかからの出血であるケースが多く、その場合、従来から使われていた造影剤によるX線検査より、直接腸壁を医師が眼で確認できる大腸カメラのほうが見逃しなく、正確に診断できます。また、X線検査で気になる部分がある場合、最終的には大腸カメラが必要になるため、患者様にとっては2度も食事制限などをしていただくことになり、負担がかかることになります。そのため、最初から大腸カメラを行うことで、より負担を少なく検査を受けていただくことが可能になります。

大腸カメラについて

大腸カメラは、大腸ポリープや初期の大腸がんを発見できる唯一の手段です。
肛門から内視鏡のスコープを挿入し、小腸の出口あたりまでを、くまなく精密に映像として観察できますので、小さな病変や疑わしい部分なども見逃しなく発見することができます。また、疑わしい部分については、その場で組織を採取して組織検査を行い、前がん病変であることが多いポリープについては、その場で切除することも可能です。一連の検査と施術を入院の必要なく日帰りで行うことができるのも、大腸カメラによる内視鏡検査のメリットです。
内視鏡検査といえば、つらい検査という印象の強い方もいらっしゃると思いますが、当院では、よりスピーディーで、スムーズに検査を行える最新式の内視鏡装置を導入しております。また、最新鋭のモデルを使用することで、特殊な光線を使用したり、コンピューターによるリアルタイムな画像処理によって、通常では見逃してしまいそうな、微細な病変も発見できるようになっておりますので、安心して受診していただけます。

大腸カメラ

消化器内科/内科/内視鏡内科/肛門外科/婦人科

〒191-0062
東京都日野市多摩平2-3-1 HAKUEI.BLD.TOYODA302

電話番号:042-583-0415

消化器内科・内視鏡内科・肛門外科

9:00~12:30
15:00~18:00

…レディースデー

婦人科

9:00~12:30
15:00~18:00
DR.BRIDGE|クリニックホームページ作成

DR.BRIDGE|クリニックホームページ作成
TOPへ