ピロリ菌

このような症状はありませんか?

など

ピロリ菌について

ピロリ菌は、正式にはヘリコバクターピロリという4ミクロン程度の小さな細菌で、胃に潜むらせん状の細菌といった意味から名付けられています。
胃の中は胃液という強い酸性状態にあるため通常の生物は生存することができませんが、ピロリ菌は自ら酸性を中和する物質を分泌し、自分の周辺にアルカリ性の環境を作れるため生存することができます。
しかし、胃にピロリ菌が棲み着くと、その部分に炎症が起こります。炎症が続くことによって、胃は潰瘍を起こし、胃の壁がただれて萎縮してしまう萎縮性胃炎を起こし、やがてがん化する危険性をともなっています。
一度感染してしまったピロリ菌は、除菌治療をしなければ駆除することができません。当院でもピロリ菌の感染検査や除菌治療を行っていますので、胃に不調をかかえている方は一度ご相談ください。

ピロリ菌の原因

ピロリ菌の感染経路ははっきりとわかっていません。しかし、多くが経口感染によるものと考えられています。また、高齢世代に感染者が多く、現代の若者世代では感染者が減っていることから、衛生環境が整っていなかった頃の井戸水や湧き水などの飲料水からの感染が考えられています。また、近年の感染経路としては、保菌者の唾液を通しての感染も考えられています。たとえば親が保菌者の場合、子どもに口移しで食べさせることで感染するといったケースです。
ピロリ菌は胃腸に不調を起こすだけではなく、長く感染したままにした場合、がんなど重篤な疾患の原因となることも知られています。

ピロリ菌検査を受けるタイミング

など

ピロリ菌の検査

ピロリ菌の感染検査には、内視鏡(胃カメラ)を使用するものと、内視鏡を用いず、呼気や血液などによって調べる方法があります。基本的に内視鏡を用いない検査は過去に内視鏡検査を1度も受けたことがないと健康保険適用外の自己負担となります。

内視鏡を使用する検査方法

迅速ウレアーゼ試験

ピロリ菌はウレアーゼという酵素で尿素を分解してアンモニアを発生させ、胃酸を中和しています。内視鏡検査の際に、生検組織を採取して、pH指示薬が含まれた培地を使うと、感染している場合、リトマス試験紙のように色が変わりますので、短時間で感染の有無を調べることができます。

組織鏡検法

胃の粘膜の組織を生検用に採取し、特殊な染料で染めて拡大率の高い顕微鏡で菌の有無を調べる方法です。

培養法

胃の粘膜の組織を生検用に採取し、すりつぶして培地で5~7日間培養し、感染の有無を判定します。実際の菌株を入手でき、他の検査にも使用できる点でメリットのある検査です。

内視鏡を使用しない検査方法

抗体測定

細菌やウイルスなどに感染すると、それに抵抗するために人は特定の菌専用の抗体をつくります。ピロリ菌感染でも抗体ができますので、その有無を調べるために血液検査、または尿検査を行う方法です。

尿素呼気試験

診断用の尿素を服用し、その前後の呼気を採集して呼気に含まれるアンモニアの量を使って判定する方法です。簡単で迅速に判定できるため、除菌判定の際に使われることが多い検査です。

糞便抗原測定

糞便中にピロリ菌の抗原が含まれるかどうかを判定する検便検査です。

ピロリ菌の除菌治療

1次除菌

ピロリ菌に感染していた場合には、除菌治療を始めることになります。判明してから一度目に行う除菌治療を1次除菌といいます。胃酸分泌に関係するプロトンポンプ阻害薬と2種類の抗菌薬(抗生剤のクラリスロマイシンとアモキシシリン)が1日分ずつセットになったものを7日間服用します。その後再来院していただき、除菌の成否を検査します。1次除菌の成功率は70~90%程度と言われています。

2次除菌

1度目の除菌治療で除菌に成功しなかった場合、2度目の除菌治療を行います。2度目は、抗菌薬のクラリスロマイシンをメトロニダゾールに変更した除菌セットを用います。
2次除菌までで除菌できる確率は95%程度です。服用完了後に除菌の成否を確認する検査を行い、再度失敗した時は3度目の除菌治療を行います。ただし3度目からは健康保険が適用されず、自費治療となります。

消化器内科/内科/内視鏡内科/肛門外科/婦人科

〒191-0062
東京都日野市多摩平2-3-1 HAKUEI.BLD.TOYODA302

電話番号:042-583-0415

消化器内科・内視鏡内科・肛門外科

9:00~12:30
15:00~18:00

…レディースデー

婦人科

9:00~12:30
15:00~18:00
DR.BRIDGE|クリニックホームページ作成

DR.BRIDGE|クリニックホームページ作成
TOPへ